施設特徴

搬入された汚泥は固液分離を行った後に油水分離を行い抽出した油分は発電用バイオ燃料として協力会社へ出荷されます。また脱水後の脱水ケーキは肥料原料として専門業者へ搬出されます。

焼却施設においてはバグフィルターを用いて環境基準に適合した施設運営を行っております。今後のテーマとしては廃棄物の再資源化、リサイクルのシステムを入念なる運営計画で取組んでいきます。